外注化

「安かろう悪かろう」Youtubeで稼ぎたいなら外注費をケチるな

こんにちは、朝比奈です。

今回は、「外注費」についてです。

 

突然ですが、「安かろう悪かろう」って言葉がありますよね。

「値段が安いものは、それ相応の品質なので、良いものはないということ」を意味した言葉ですが、これは外注費も同じで外注費も金額でクオリティがかなり変わります。

例えば、動画1本100円で依頼したとしたら100円程度の動画が納品され、逆に、500円とか1000円で依頼したらその金額に応じたクオリティの高いものが納品されます。

なぜかというと、優秀な人は100円とかじゃやろうと思わないし、仮にやったとしても「100円ならこれぐらいでいいだろ?」といった感じで手を抜く傾向があるのでクオリティの高い動画が本来作れたとしても作ってくれません。

どうしても値段相応になってしまうんですよね。

なので、最初から無理だとしてもある程度稼げる目途がたったら外注費を上げて、クオリティの高いものを依頼するようにしましょう。

 

Youtubuの場合、稼げるようになれば、動画1本1000円とかでもぜんぜん元が取れるのでケチんない方がいいです。

「その分、稼げばいいや」的な発想でやりましょう。

 

あと、現在外注を使ってやっている人はチャンネルが成果がではじめたらちゃんと外注費を上げるなどして還元するようにした方がいいです。

そうすることで作業する側もモチベーション上がるし、「もっといいものを作ろう!」と思ってもらえるので。

最初はなかなか利益が出づらくて、厳しいと思いますが、Youtubeはしっかり作りこんでやっていけばちゃんと結果として返ってくるので先行投資と割り切ってください。

最初はなかなか思うものを納品してくれなかったとしてもコミュニケーションを密にとっていけば、必ずいいものができるようになるので頑張ってやっていきましょう。

サプライズで贈り物をしたり、ボーナスをあげたりするのは喜んでもらえるのでおすすめです。

 

結局、人対人なので「どうやったら喜んでもらえるのか?どうやったらもっと働きやすくなるのか?」を考えていくことが大事です。

チャットワークなどで連絡をとると思いますが、それも適当に連絡をとるのではなく、密に意味のある連絡を取り、納品してもらった際にはちゃんと感謝の言葉をのべる。

ちょっとしたことでもやるとやらないとでは大きさが出ます。

めんどくさがってそこまでやらない人が多いのでやるだけでも定着率が変わってきます。

外注費を上げて還元することも大事ですが、どうやってコミュニケーションをとるのかを考え、やっていくことも非常に大事です。

 

今後は、Youtubeに多くのプレイヤーが参入してきていることから外注さんの囲い込みも激化する可能性があります。

そうなったときでも選んでもらるように今からやっていきましょう。

 

それでは、また!

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼