BGM

【回避】Youtube、著作権違反で失敗しない為の3つのポイント

こんにちは、朝比奈です。

本日は、「著作権違反で失敗しないための3つのポイント」について話をしていきます。

結論から言うと、YouTubeでは画像とBGM、そして、映像の3つをちゃんと押さえれば、動画が削除される可能性はほとんど無くなります。

ですので、今から話す内容をぜひ、参考にしてください。

画像

まず、画像から説明していきます。

YouTube上には、漫画やアニメ、芸能人のなどの画像を使って、動画を上げている方がたくさんいます。

もちろん、真似してはいけません。

漫画やアニメ、芸能人の画像を使うのは立派な著作権違反もしくは肖像権違反です。

現状、特に問題がなくてもいつ消されてもおかしくありません。万が一、消された場合は復活の見込みはゼロです。

YouTubeは、第三者の立場をとっているので通報がないと消したりはしません。

ですが、マンガやアニメ、芸能人の方には熱狂的なファンの方がいて、その方々が通報をしたりするケースは昔からよくあります。

実際にファンからの通報がきっかけで動画削除されたという話はよく聞きます。

そもそも、著作権違反なので使ってはいけないのですが、ファンからの通報もあり、非常に使うのは危険ですので使わないようにしましょう。

これが一つ目です。

BGM

二つ目は、BGMです。

人の楽曲を使うのはもちろん、ダメです。

なので、使ってはいけません。

これは違う記事でも話しましたが、BGMに関してはYouTubeオーディオライブラリーを使っておけば、問題ありません。

こう言うと、「フリーのBGMはなぜ、ダメなのか?」と聞かれるのですが、収益化が無効になる可能性があるからです。

というのも、以前、悪徳業者がフリーのBGMの権利を持っていないのに持っているとYouTubeに申告をしたことがあります。

その後、そのことがきっかけでフリーのBGMを使っている人の収益が無効化になってしまうなんてことがありました。

僕もその被害に遭った一人で、1つのチャンネルの動画半分くらいが収益化ができなくなってしまったんです。

そういうことが今後もないとは言えません。

それに、YouTubeオーディオライブラリーは非常に使い勝手も良く、提供されているBGMも良いモノばかりです。

使わない理由はないと思うので、よほどのこだわりがない限りはYouTubeオーディオライブラリを使うといいでしょう。

映像

三つ目は、映像です。

映像ですが、他の方の映像は引用でも使わないようにしましょう。使う場合は許可をとるようにしてください。

もしくは、クリエイティブ・コモンズと書かれたコンテンツ作成者が他社に作品の使用を許可したものを使うようにしましょう。

クリエイティブ・コモンズは動画の説明欄の一番下に書いてあるのでそこを確認してみて、書いてあるのであれば使用しても問題ありません。

ただ、映像に関しては扱いが非常に難しいです。

なので、他の人の映像は使わないほうが無難です。

まあ、実際のところは使う機会もほとんどないと思いますが、使わないようにしましょう。

あと、ついでに記事についても話しておきます。

最近は、テキストスクロール動画を実践している人はほとんどいないと思います。

なので、話す必要はないかと思いましたが、一応話しておきます。

記事も当然、オリジナルの記事じゃないと使ってはいけません。

以前、テキスト動画が流行っている頃に他人の記事を引用という形で引っ張ってきて、コピー動画を作っている方が結構いました。

当然、ブログ運営者からよく思われるわけもなく、YouTubeに通報されて消されてしまうなんてことが結構ありました。

自業自得と言ってしまえばそうなんですが、当たり前ですが、他の方が作った記事も使ったらダメですよ。

「大丈夫でしょ!」と思い、やってしまう人がいますが、すぐに消されるので注意してください。

まとめ

色々話しましたが、要は人のものは使ったらダメだっていうことです。

現在のYouTubeでは、運営側を欺いてやる方法はもう通用しません。

以前だったら簡単に収益化出来たので通報されたり、コンテンツIDが一致しない限りは著作権侵害しても大丈夫でした。

でも、今は収益化申請をする際にすべての動画が見られてしまうので不正はできません。

万が一、審査に通ったとしても常にチャンネルは監視されているので違反が見つかれば、すぐに収益が無効化されます。

なので、他の記事で書かれているような裏技的なものは信用しないようにしましょう。

 

あと、もう一つ。

おもちゃ系の動画でアンパンマンとかドラえもんとかキティちゃんを使っている方って結構いると思います。

アレも本当は著作権的にはアウトです。なので、やるのはおすすめしません。

現状、特に問題にはなっていませんが、今後動きがあるのは間違いないので扱わないようにするといいでしょう。

ぜひ、今回の記事を参考にして、著作権違反にならないようにしてください。

 

では。

 

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼