リサーチ

【Youtubeリサーチ】ライバルチャンネルの見つけ方は〇〇

こんにちは、朝比奈です。

本日は、「ライバルチャンネルの見つけ方」について書いていこうと思います。

チャンネル立ち上げの際には、ライバルチャンネルを決めて、そのチャンネルに寄せていくことが稼ぐ為に大事だよということは以前からお伝えしていますが、その際に大事なことがあります。

 

それが…

そのチャンネルがまだ勢いのあるチャンネルなのか、

それとも勢いのないチャンネルなのか、を見極めることです。

 

どういうことかというと、Youtubeには一見稼いでいるように見えて、あまり稼げていないチャンネルというのがあります。

これは人気ジャンルなどでよく見られるのですが、元々は視聴者に対し、プレイヤー(動画投稿者)が少なかったので競争がなく、簡単に稼ぐことが出来ていましたが、

Youtubeがメジャーな存在になったことで参入するプレイヤーが増え、競合するチャンネルが多くなったことで再生回数やチャンネル登録者が伸びなくなり、稼げなくなっているチャンネルというのは結構あります。

しかも、そういった勢いのないチャンネルは昔からやっているのでチャンネル登録者が他に比べて比較的多く、再生回数も悪くないので初心者の方見れば、

人気のあるチャンネルとして間違われやすいのですが、ジリ貧で年々、厳しくなっているチャンネルなのでリサーチ対象としては選んではいけません。

 

ジリ貧になっているチャンネルの傾向としては、

「コメント数」「動画投稿頻度」「初速再生回数」

これが減っていたり、頻度が少なくなっている場合はジリ貧の傾向にある可能性が高いです。

基本的に、人気があって稼げるチャンネルはコメント数は多いし、動画投稿頻度は定期的に投稿するはずだし、アクティブなユーザーが多いはずなので初速再生回数も伸びているはずです。

なので、これらの傾向があるチャンネルは選ばないようにしてください。

 

じゃあ、どういったチャンネルをライバルチャンネルとして選べばいいのか?

 

それは出来たばかりなのに勢いのあるチャンネルです。

 

出来たばかりの勢いのあるチャンネルとはどういったものを指すのかというと、

「チャンネルを立ち上げてから2~3ヵ月で、総再生回数が30万再生を超えているもの」

です。

 

これを見つけてライバルチャンネルとして選んでいきましょう。

数は多くないですが、こういったチャンネルは探せば必ずあります。

そして、上記の要件を満たしているチャンネル運営者は基本的にYoutubeで稼ぐことの肝がわかっている方が運営しているはずなのでとても勉強になるはず。

そのジャンルを見ている人がどういったものを求めていて、逆にどういったものを求めていないのか、それがわかっているから短期間で急成長するチャンネルが作れたわけです。

 

ですので、そういったチャンネル(運営者)を見つけ、まずは徹底的に寄せていきましょう。

そうすることで成果も早いですし、そのなかで「こうした方がいいかも」というものが必ず見えてくるはずなのでそれをあなたのチャンネルに活かし、差別化を図って独自のチャンネルを作ってください。

それを繰り返していけば、どのジャンルでも短期間で成果を上げるチャンネルを作れるようになります。

結局は、どれも原理原則は一緒ですからね。

 

ライバルチャンネルを見つける方法としては、これが一番簡単だしわかりやすいかなと思います。

見つけることができれば、あとはやるだけなので頑張って探しましょう。

 

それでは、また!

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼