ブログ

「ダラダラ働く人」と「元気良く働く人」

僕はラーメンが好きでよくラーメンを食べに行きます。

先日も家の近所にあるラーメン屋に行ったのですが、そこは味は良いのですが、接客が微妙です(笑)。

僕はラーメン屋に接客を求めてないのでまったく気にならないのですが、思うことがあります。

それは、どうせ働くなら笑顔で元気よく働いた方が本人にとってプラスなのにってことです。

 

僕が先日、行ったお店は社員の店長と学生アルバイトの2人でお店を回しています。

社員である店長はやる気があるのですが、厨房で調理を担当しています。

一方、やる気のないアルバイトはホールで接客をしています。

 

厨房で調理をしているならやる気がなくても店的には問題ありません。

なぜなら、厨房の中ならやる気がなくてもお客には伝わらないからです。

でも、ホールで接客をしているとなると、その雰囲気はお客に伝わってしまうので店の印象が悪くなってしまいます。

 

そのアルバイトの方はいつもやる気がないのですが、おそらくその仕事がつまらなくてしょうがないのだと思います。

だから、あのような接客になってしまうのでしょう。

でも、あのような接客をしていたら本人は時間を長く感じるだろうし、気分だって良くないはずです。

 

僕も学生時代、飲食店でアルバイトをしていたのでよくわかりますが、どう働いても働く時間は一緒です。

ダラダラと覇気なく働いて時間が短くなるならダラダラ働けばいいですが、ダラダラ働いても短くはなりません。

そして、楽にもなりません。

むしろ、ダラダラ働くと時間は長く感じるし、体力的にも精神的にもきつく感じます。

 

じゃあ、笑顔で元気良く働くとどうなるのか?

笑顔で元気良く働くと体力的にも精神的にもダラダラ働くより楽ですし、時間も短く感じます。

そして、気分よく働けます。

だから、僕はアルバイトをしている時はできるだけ笑顔で元気良く働くようにしていました。

 

別に、お店のために「一生懸命働くべきだ!」なんて言いません。

そんなのはアルバイトが考えることではないですから。

やるべきことを淡々とやればいいんです。

 

ただ、どうせ働くなら気分よく働いた方がいいじゃないですか。

笑顔で元気良く働いていると時間も短く感じるし、体力的にも精神的にも楽だと言いましたが、それ以外にも良いことがあります。

それは、周囲からの評判が良くなることです。

 

アルバイトで働いている人の多くがダラダラと覇気なく働きます。

だから、笑顔で元気良く働いていると自然と目立ちます。

目立つようになれば、自然と一目置かれるようになります。

そうなれば、時給も上がりやすくなるだろうし、シフトの融通も利くようになります。

だって、そんな良い人材を手離したくないですからね。特に、人手不足の今ならなおさらです。

だから、全てにおいてプラスなんです。

 

アルバイト先が嫌でしょうがないなら辞めればいいんです。

別に、仕事なんていくらでもあるわけですから。

でも、辞めるほどではないけどつまらないとか退屈だからという理由でダラダラ働くなら笑顔で元気良く働いた方が自分のためになります。

 

今回は、僕が行くラーメン屋のアルバイトの方を例に話しましたが、サラリーマンも一緒です。

会社に身も心も尽くす時代ではありません。

でも、ダラダラ覇気なく働いてもプラスになりません。

むしろ、評価が下がるだけなのでマイナスでしかない。

 

どうせ働くなら何が自分にとってプラスなのかを考えながら働くべきです。

だって、よく見られた方が得なんですから。

何も考えないで働いている人がほとんどです。

だから、ちょっと意識を変えるだけでだいぶ良くなるし、周りの目は変わりますよ。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

では。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ