ブログ

ホリエモンのYouTubeチャンネルが跳ねた3つの理由

こんにちは、朝比奈です。

本日は、「ホリエモンチャンネルが跳ねた理由」について話していきます。

なぜ、ホリエモンチャンネルをこのタイミングで取り上げようと思ったのかというと、ここ最近、ものすごい勢いで伸びているんですよね。

それでその伸びた理由は僕らにも参考になる内容だと思ったので、今回取り上げてみました。

 

では、早速始めていきますが、結論から言います。

結論から言うと、ホリエモンチャンネルが跳ねた理由は3つあります。

 

まず、一つ目が撮影スタイルの変更。

そして、二つ目がトレンドキーワードを取り入れたこと。

そして、三つ目が柔軟に対応したこと。

この3つです。

 

一つずつ説明していきます。

撮影スタイルですが、ホリエモンチャンネルは今まで堀江さんとアシスタント、そして、ゲストという形でやっていました。

アシスタントやゲストで来る方は堀江さんと仲がいい人なので基本的にイエスマンです。

だから、本音でしゃべるというよりは堀江さんに気を使って、意見を合わせているような形でした。

別に、それが悪いというわけではないですが、それなら堀江さんの意見や考えだけを聞きたいと思っている視聴者が多かったと思います。

 

ただ、なかなか改善されませんでした。

それが先日、ヤフーがZOZOを買収した際の動画を機に撮影スタイルが突然、変わったんです。

どう変わったかというと、堀江さんが一人で話すようになったんです。

そしたらめちゃくちゃ跳ねました。

 

で、その跳ねた動画のコメント欄には「待ってました」的なコメントが多かったんです。

やはり、視聴者は堀江さんだけが喋っている動画を見たかったんですね。

そのことをヤフー×ZOZO動画で理解したのか、ここ最近は一人の動画が増えています。

これが跳ねた理由の一つだと思います。

 

二つ目ですが、二つ目はトレンドキーワードを上手く取り入れたからです。

先ほどのヤフー×ZOZO動画もそうですが、ここ最近は世の中で話題になっていることを動画にしています。

たとえば、青汁王子とか立花孝志さん、手取り14万円問題などです。

今までの動画は堀江さんの活動内容を紹介しているものばかりでした。

だから、堀江ファンにはウケますが、そうじゃない人にはウケません。

 

でも、世の中で話題になっている事柄を扱うことで堀江さんのファンじゃない人にも見てもらえます。

だから、動画の平均再生回数が数万程度だったのが、1つの動画で数百万再生まで伸ばすことができたのです。

ここ最近、跳ねた理由としてトレンドキーワードを上手く取り入れ始めたというのも跳ねた理由の一つだと思って間違いないでしょうね。

 

そして最後、三つ目ですが、三つ目は柔軟に対応したことですね。

堀江さんぐらい影響力があって、結果も出している人だと自分のスタイル、形を変えることはなかなかできません。

なぜなら、今まで自分のやり方で結果を出してきた人だからです。

 

だから、コメント欄にいくら「一人でしゃべって欲しい」とか書かれていたとしても変えない人は変えません。

というか、ほとんどの人は変えません。

でも、堀江さんは形に拘らずにすぐに変えた。これが大きかったと思います。

 

「撮影スタイルを変えるぐらい簡単じゃん!」と思う人は多いですが、実績や経験がある人ほど、変えられないものです。

でも、堀江さんはすぐ変えた。

だから、跳ねたんでしょうね。

 

ということで、ホリエモンチャンネルが跳ねた理由を3つ挙げてみました。

今回の話は堀江さんだけではなく、僕らにも該当する内容だと思いますので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

ちなみに、ホリエモンチャンネルのアドセンス報酬って1ヵ月で1000万円らしいです。

というのも、堀江さん本人がニューズピックスの動画で言っていました。

個人メディアで月1000万円狙えるなんてやはり、YouTubeは勢いがあるし夢がありますね。

 

では、本日は以上です。

ありがとうございました。

 

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ