ブログ

YouTubeは本当に稼げないのか?

こんにちは、朝比奈です。

「YouTubeはもう稼げない」と言う人がいます。

「もう稼げない」と言っている理由としては、規制が以前に比べて厳しくなっていること。

そして、参入者が絶えないことから「YouTubeはもう稼げない」と言っているようです。

この記事を読んでいる方の中にも「YouTubeはもう厳しいのではないか?」と思っている方もいると思います。

なのであらかじめ言っておくと、YouTubeがもう稼げないなんてことはありません。

だから、安心してYouTubeに取り組んでください。

 

なぜ、そう言い切れるのか?

その理由ですが、それは動画がビジネスの中心になるからです。

 

2020年の春に第5世代移動通信システム「5G」の商用化が本格的に始まる見通しになっています。

5Gが本格的に普及すれば、通信コストは下がり、どこでも動画を視聴することができるようになります。

当然、そうなれば、今以上に多くの人が動画を見るようになります。

見る場合もそうですが、発信する場合も動画で情報を発信をすることが当たり前になるのは間違いないでしょう。

2020年以降は、動画がコミュニケーションの主体になるわけですから今以上に動画が身近な存在になるわけです。

そんな時代が来るのにYouTubeが衰退するなんてことはあり得ないんです。

だから、安心してYouTubeに取り組みましょう、って言っているんです。

 

でも、そこをよく理解していない人はもう稼げないと言います。

そもそも、稼げないと思っている人はその人のやり方が悪いから厳しく感じているだけなんですよね。

市場自体で言えば、全然終わっていないどころかむしろ年々、良くなっています。

 

規約変更の件もそうです。

最近、物申す系のYouTuberに規制が入りましたが、あれだって、今までがおかしかったんです。

だって、人の悪口でお金を稼げたわけですから。

でも、よーく考えてほしいのはそんなのは普通じゃないってこと。規制されて当然なんです。

自分が広告主だとして、人の悪口を言っているチャンネルに広告を出したいと思いますか?

普通思わないですよね。

お金を払ってまで自分の会社の印象を悪くしたくないですから。

 

最近は、多くの芸能人がYouTubeに参入しています。

そのおかげで今までYouTubeを見ていなかった層の人達も見るようになってきました。

今後は、今以上に多くの芸能人がYouTuberになっていくでしょう。なぜなら、無視できないメディアになってきているからです。

芸能人や影響力のある人の参入が増えれば、自然とYouTubeを見る人が増えるし、見る時間も増えます。

昔みたいに記事をコピーして稼げる時代ではなくなりましたが、2020年以降もYouTubeはビジネスとして超優秀です。

だから、安心して取り組むと良いです。

 

そして、その際には広告収入を稼ぐ以外のことにも挑戦するといいですね。

たとえば、自社の商品やサービスを売ったりです。

YouTubeからモノを売ることができれば、ビジネスとして幅が広がりますし、安定度が増します。

需要もあるので教えることだってできます。

 

間違いなく、2020年以降はYouTubeを集客として、使う人が増えます。

増える理由としては、先ほども言ったように主要のメディアになるからです。

なので、広告収入を稼ぐだけで満足するのではなく、YouTubeを使って自分の商品やサービスを売ることを始めて欲しいなと思います。

 

長くなってしまったのでこの辺にしますが、世の中で言われていることは一意見であって、真実ではありません。

本当にメディアとして、稼げるのか稼げないのかはマクロの視点で考えれば、わかることです。

ごく一部の意見に惑わされることはなく、自分の目で見て判断するようにしましょう。

じゃないと、いつまで経っても振り回されてしまいますからね。。

 

では。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ