ブログ

「世の中、お金が全てじゃない」若いうちにお金を稼ぐことに真剣に向き合え

「世の中、お金が全てじゃない」って言葉を聞くことがあります。

僕も「世の中、お金が全てじゃない」とは思っているのでその言葉が間違っているとは思わないのですが、僕と同世代の人や年下の人が言っていると違和感を覚えます。

なぜか?それは、まだまだ日本はお金が必要だからです。

 

もし、これから結婚をする予定もなくて、なおかつ親や兄弟がいないならお金がなくても生きていけるでしょうから「お金が全てじゃない」というのもわかります。

でも、多くの人は家族がいるだろうし彼女や妻がいる人もいるでしょう。

その人たちと生活をしていくなら当然、お金はかかりますし、病気になったりしたらどうするのでしょうか?

それに今後の日本経済を考えると若者の場合、ぼーっとしてたら普通に生きていくのさえ、苦しくなっていくでしょう。

 

こういう話をすると、「ベーシックインカムが…」とか「ロボットやAIが登場すれば、生活コストは下がるから…」などの話をする人がいますが、それはまだまだ先の話です。

もちろん、ベーシックインカムやロボット・AIの登場で生活コストが下がってお金がなくても生活できる世の中は必ず来ます。

でも、それはまだまだ先の話で本当の意味でその生活を享受できるのは僕らの世代ではなく、僕らの孫世代くらいの話でしょう。

だから、本当にベーシックインカムの生活を求めているなら規制だらけでなかなか変わらない日本ではなく、違う国に行った方がいいです。

それぐらい日本での実用化は先だと思った方がいいと思います。

 

あと、ビジネスで成功している人の言葉を真に受けないことです。

ビジネスで成功し、一生お金に困らないような生活をしている人は、お金よりも時間だったり健康が大事なので「お金が全てじゃない」と言うはずです。

でも、そんな成功者も今の立場になるまでは貪欲にお金を稼ぐにいったはずです。じゃなければ、今の立場にはなれませんから。

だから、成功者が言ってることは話半分で聞いておくぐらいでちょうどいいんです。

 

そう考えると「お金が全てじゃない」なんて言わずにまずは、お金を稼ぐことに向き合うべきだとわかるはずです。

僕がなぜ、若者は「お金が全てじゃない」なんて言わずにお金を稼ぐことに向き合うべきだと思っているのか。

それは、限界年齢があるからです。

 

僕は以前から起業するなら35歳までに起業した方がいいと言っていますが、お金を稼ぐ活動も若ければ若いほどいいんです。

なぜか?

年をとると気力が衰えるからです。

 

僕はまだ30代になったばかりなので気力・体力ともに元気ですが、普通に生きていたら30代後半からどんどん気力は衰えていき、何か新しいことを始めるのが困難になっていきます。

それは僕の周りの起業家仲間や知人などを見てもよくわかりますし、まだ30代になったばかりの僕ですら以前に比べたら気力が衰えたのではないかと思うようなこともあります。

しかもやっかいなのがこの気力って鍛えたり、維持したりするのが難しいんです。

体力であれば、いくらでもやれることはあるのでやるべきことをやれば、ある程度は維持することは可能です。

ただ、気力に関しては本当に難しい。

だから、気力や体力が若く失敗してもいくらでも修正ができる年齢のうちにお金を稼ぐことを始めるべきなんです。

 

これ以外にも若いうちにお金を稼ぐことを始めたほうが良い理由はあります。

それは、本当の意味でお金の必要性を感じるのが40代以降だからです。

これどういうことかというと、いつ結婚したのか、いつ子供が出来たのか、によるので一概には言えないのですが、人生で一番お金がかかるのが40代以降なんですよ。

 

なぜ、40代以降がお金がかかるのか?

それは、教育費や住宅ローンの負担が一番かかるのが40代から50代半ばだからです。

 

日本人の適齢期と言われている年齢で結婚をして、数年後に子供が生まれれば、大体上記の年齢で教育費や住宅ローンの負担がピークになると言われています。

自分一人で生きていくなら生活なんてどうとでもなると思いますが、子供がいたらやはり普通の親ならできるだけやりたいようにやらしてあげたいと思うはずです。

でも、そうすると多額のお金が必要になる。

子供のためにお金を使ってあげたいのにお金がなくて不自由な思いをさせてしまう。

これほど辛いことはないんじゃないのかなって僕は思います。

 

じゃあ、40代からビジネスを始めますか?

正直言うと、厳しいです。

 

というのも、サラリーマンとして働くのと自分でビジネスをやるのでは働き方はもちろん、ビジネスに対する考え方が違うので長いことサラリーマンとして働いているとサラリーマンとしての働き方・考え方が染みついてしまっているんですよね。

だから、無理だとは言わないですが、ものすごく時間がかかります。

その長い時間を睡眠時間削って、家族との時間を削ってやれるかと言われれば、多くの方はあきらめてしまうはずです。

なので、気力・体力に溢れていて、失敗もできる年齢のうちにビジネスを始めておいた方が良いんです。

 

今回、「世の中、お金が全てじゃない」という言葉に対して、長々と書きましたが、今、10代20代の方はピンと来ないかもしれないですが、なるべく若いうちに雇用される以外でお金を稼ぐ力を身につけてほしいなと思いますね。

それは今後の日本経済を考えたらでもあるんですけど、将来後悔しないためです。

だって、今は結婚する気も子供が欲しいなんて思っていなくても将来はわからないですから。

将来、大切な人が出来たときにお金がないことで悩まない為にも若いうちこそ、お金を稼ぐということに向き合ってほしいなと思います。

 

では。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ