チャンネル登録者

Youtubeのチャンネル登録者数は非公開にすべき?それとも…

こんにちは、朝比奈(@satoshiasahina)です。

今回はチャンネル登録者数を表示するのか、表示しないのか、について書いていきます。

 

結論から言うと、どっちを選んでもいいです。

チャンネル登録者数を表示したくないと思うなら表示しなければいいと思いますし、「どっちでもいい」という人は、そのままで公開すればいい。

今のYoutubeだったらどっちを選んでも特に問題はないと思うのでどちらを選んでもいいと思いますが、リスクヘッジという意味で僕だったらこんな感じでやるよ、というのをお伝えしようと思います。

それでは、はじめます。

 

テキスト系は非表示の方がいい

まず、Youtubeにはテキスト系、撮影系、Youtuber系の3つあります(ほかにもありますが、この3つが主流です)。

多くの方はこのどれかを選んで実践しているでしょう。

実践者が多いのは一番簡単に作れる左のテキスト系で次に撮影系、一番少ないのが動画作成の難易度が上がるYoutuber系だと思います。

撮影系やYoutuber系はオリジナル要素が強く、Youtube側も望んでいる形での運営になるので表示していても問題はないのですが(オリジナル動画なので通報などもされないだろうし、仮にされたとしても復旧する可能性があるから)、テキスト系だったら表示しない方がいいのかなと思います。

 

なぜ、テキスト系のチャンネルだとチャンネル登録者数を表示しない方がいいのかと言うと、テキスト系のチャンネルは敵が多いからです。

 

どういうことかというと、テキスト系のチャンネルを運営する場合、「引用」という形で文章をいろんな所から集めて、作っていると思いますが、引用されたネタ元からしたら記事をパクられてYoutubeで乗っけられているということに対して、良い気分ではないですよね(実際、一時期問題になりましたよね)。

ただ、それができたばかりのチャンネルでチャンネル登録者数も少ないチャンネルだったら「まあ、いいか」と相手にされないかもしれませんが、一定のチャンネル登録者数を超えた場合、「いつも記事をパクリやがって!」と通報などの形で動く可能性はあります。

又、Youtubeを見に来た視聴者はあくまでも動画だったり、映像を見にYoutubeを訪れているはずなので文字動画を見にきているわけではありません。

そもそも、文字を見るんだったらYoutubeではなく、ブログでいいわけですから。

それ以外にもテキスト系の動画は基本的に煽り系の動画が多いので再生回数は稼ぎやすいですが、動画内容を良く思わない視聴者も一定数おり、その方から通報をされる場合もあり得ます。

 

要は、テキスト系チャンネルというのは、あまり好まれる形での運営方法ではないわけです(もちろん、例外もありますが)。

撮影系やYoutuber系だったら堂々とチャンネル登録者数を公開し、運営していけばいいと思いますが、テキスト系はあまり目立つようなことは得策だとは思えないので隠した方がいいのではないかと思います。

僕は、もうテキスト系のチャンネルを運営していないので隠さずに表示して、運営していますが、もしもう一度、テキスト系のチャンネルを運営するのであれば、間違いなく隠しますね。

変に目立って消されたくないですから。

 

撮影系、Youtuber系チャンネルは登録者数を公開すべし


テキスト系は隠した方がいいと言いましたが、撮影系、Youtuber系となると話は別で公開した方がいいと思います。

なかにはチャンネル登録者数が少ないときは公開せず、チャンネル登録者数が増えてきたら公開するという方もいると思いますが、僕だったらチャンネル登録者数が少ない頃から公開して、読者と一緒に増やしていくというスタンスで運営します。

 

たとえば、チャンネル登録者数が100人を超えたら100人突破記念動画を作って、「いつもありがとうございます」的な雑談動画を作ったりもできますし、数が増えてくれば、Youtube Liveが使って配信したりして、視聴者との関係性を意識したチャンネル運営もできます。

最近ではチャンネル登録者数が1000人を超えないと収益化できないということを知っている視聴者も多いので作った動画をわざわざシェアしてくれる人もいたりします。

一緒にチャンネル登録者数を増やしていくという形はファン化を進める意味でも大事だと思うので表示した方がいいと思います。

チャンネル登録者数が少ないと「ダサいのがバレる」と思っている人もいると思いますが、視聴者はそこまで気にしていません。

むしろ、公開することで「頑張ってください!」とコメントやメッセージをくれる人もいたりするので気にせずやりましょう。

 

最後に

チャンネル登録者を表示する、しない、についていろいろ書いてきましたが、一番大事なのは視聴者からどう見られているのかを意識することです。

視聴者からどう見られているのかを考えた上で公開した方がいいと思えば、公開したらいいし、公開しない方がいいかも、と思ったら公開しなければいいんです。

その辺りをよく考えて運営すればいいと思います。

 

あとは、作っているチャンネルが万が一、消された場合、復旧できるチャンネルなのかどうかで考えてみるといいかもしれませんね。

「どこから見られても問題ないよ!」と言い切れるなら表示して、堂々と運営したらいいし、逆に「ちょっと怪しいかな?」と思ったら隠せばいい。

そんな感じでやってみてください。

 

それでは、また!

 

 

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼