戦略戦術

【ネタ】Youtubeで顔出しなしで稼ぐなら〇〇をやれ!

「Youtubeをやってみたいけど顔を出すのは嫌!」という人は多いと思います。

僕も声出しはいいですが、顔出しは嫌で顔出し動画は作っていません。

今回紹介するジャンルというのは、「顔出しは嫌だけど、声だしなら平気!」という人に最適のジャンルです。

ちょっと特殊なジャンルですが、顔出しなしで稼げるジャンルになのでとてもおすすめです。

 

で、その顔出しなしで稼げるジャンルというのはなんなのか?

それは、「怪談朗読」です。

朗読というと、「自分はプロじゃないから無理」なんて言う人がいますが、プロじゃなくていいんです。

むしろ、素人感があったほうがウケます。

 

実際にYoutubeで「怪談朗読」と検索してみてほしいのですが、検索をすると本当にたくさんのチャンネルがでてきます。

これだけチャンネルがあれば、普通は飽和して稼げなくなってしまうそうですが、朗読というジャンル場合は同じ内容の話でもそのチャンネルの朗読者の声で聞きたいという需要があるので飽和なんてことは基本的にはない。

だから後発組でも関係なく成果を出すことができるジャンルなんですよね。

それに「怪談朗読」は怖い話が苦手という人も多いのでライバルが増えづらいので、顔出しなしで稼ぎたいという人は怪談朗読をやるといいです。

 

ここまでの話を聞いて、「よし!怪談朗読やってみるか!」という人は今すぐにでもはじめてみてください。

でも、「怪談とか怖い話はちょっと‥」という人も一定数いると思います。

そういった方のために僕ならこんなやり方もありますよ、というのをこれから書いていこうと思います。

 

まず、記事に関しては5chもしくは2chにあるのでそちらから記事を引っ張ってくればOKです。

もし、その記事を引っ張ってくるというのも怖い話だと無理だという場合はそれ専用に外注依頼してもいいでしょう。

間違いなくやってくれる人はいますから。

記事に関して、理想は、クラウドワークスやココナラなどで記事の作成依頼をして怖い話を作ってもらうというのが安全という意味で一番いいのですが、それをやると利益がなくなってしまう可能性があるのである程度成果が出た段階で検討してみるといいでしょう。

 

次に朗読者ですが、怖い話が苦手じゃなければ自分で読むというのが一番ですが、それができない場合はこれもクラウドワークスで声優さんに依頼しましょう。

クラウドワークスにはいろんな仕事がありますが、声の仕事をしたいという方は結構いるので依頼をかければ、すぐ見つかります。

今まで僕が依頼した感じだと1つの音声で平均200~300円ぐらいからお願いすれば、いい外注さんが見つかると思います。

なので、怖い話が苦手という人は朗読者も外注してしまえばいいです。

ただ、その際は長期的にお付き合いができる人を選ぶようにしましょう。

ころころ朗読者が変わっているチャンネルだとファン化しづらいので同じ人に長期でお願いするようにしてください。

 

今僕ならこうします、というのを書きましたが、このままやってもらえれば、怖い話が苦手な方でも怪談朗読チャンネルを運営することができます。

これは前にも書いたことですが、やれば稼げそうなものがあってそれが仮に自分でできないのだとしたら「誰かこれをやってくれる人はいないかな?」と考える癖をつけましょう。

そして、考えたらまずは動くことが大事です。

 

今回の話でいうなら自分が怖い話が苦手なら誰かほかにやってくれる人はいないかと考えてみる。

考えてこれといった答えが出てこなかったらクラウドワークスやランサーズ、ココナラなどで募集をしてみればいい。

「誰かやりませんか?」って。

そしたらなんらかの反応があります。

その反応を元にイケそうならやってみればいいし、ちょっと難しそうならアイデアとしてとっておけばいい。

これを繰り返すことで稼げるチャンネルが必ず見つかるようになるので自分ができないから諦めるのではなく、誰かほかにやってくれる人はいないかと考えるようにしましょう。

 

話をさきほどの怪談朗読に戻しますが、さっき書いたように記事と朗読者を外注すれば、それでオリジナリティのある動画なのでOKなんですが、長期的に稼ぐのならもう少しオリジナルの要素が多いといいです。

たとえば、朗読者の方に音声だけを納品してもらうだけではなく、その音声を撮っているところを撮ってもらったりするとよりその動画の個性が強くなります。

顔出しがOKな郎読者もいるのでそういう場合はお願いすればいいし、厳しいようであれば、手元だけを映すだけでも他の動画との差別化は図れるので取り入れてみるといいでしょう。

ほかにも怪談朗読が好きな人は怖いものが好きなはずなので企画物で心霊スポットに行って動画を撮ってくるというのもアリです。

人気Youtuberが企画でよく心霊スポットに行ったりしているのですが、行ってみました系の動画はかなり伸びるので取り入れてみるのもいいでしょう。

 

今ぱっと浮かんだアイデアを書いてみましたが、考えればこれ以外にもいくらでもいいアイデア出てくると思うので取り入れてみるといいです。

今回、Youtubeで顔出しなしで稼ぐなら怪談朗読がいいですよ、ということで怪談朗読を紹介しましたが、顔出しなしでいけるジャンルなのでよかったら挑戦してみてください。

それでは、本日は以上です。

 

では。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ