戦略戦術

Youtube動画のコメント欄と動画評価は非表示にしたらダメ?

こんにちは、朝比奈です。

Youtubeに動画を上げていれば、アンチコメントだったり、動画に低評価をつけられることがあると思います。それ自体は普通のことなので気にする必要はないのですが、あまりにも数が多いと対応を考えなければいけません。

そもそも、普通に動画を投稿していれば、アンチコメントが多く投稿されたり、投稿した動画の評価が低評価ばっかりになるということはないはずなんですが、動画で扱ったモノが物議を醸す内容のモノであったり、タイトルと動画の中身が違ったりすると低評価やアンチコメントがつきやすくなります。

だったら、上記に書かれた内容の事をしなければいいじゃんって話なんですが、しなくてもチャンネル運営を長いことやっていると、どうしてもアンチコメントや低評価がつくことが多くついてしまうこともあるのでその場合、どう対応したらいいのかについて今回は書いていきます。

 

まず、基本的に非表示にするのはやめましょう。

 

なぜ、ここで”基本的に”という言い方をしたのかというと、Youtubeアドセンスの場合と情報発信の場合とでは対応が変わってくるからです。

これはYoutubeが公式に発表していることではないので推測の域を出ないのですが、動画のコメント欄だったり、動画の評価を非表示にすると再生回数が伸びにくくなります。

詳しく言うと初速はいつもと変わらないのですが、その後の再生回数の伸びと関連動画に載る確率が極端に悪くなったりする。

理由はわかりませんが、表示しているものと非表示にしているものでは伸びが違うのは間違いありません。

Youtubeアドセンスで稼ごうとしている場合、視聴時間とか視聴維持率などいろいろありますが、結局のところ、稼ぐ為には再生回数を増やしていかなければいけないところがあるので再生回数の伸びが悪いのは投稿者としては痛い。

なので、僕はアドセンスで稼ぐことを目的にした動画の場合は非表示にしないようにしています(万が一、非表示をしないぐらい荒れた動画の場合、非表示するのではなく動画を非公開にして見えなくするというのはアリです)。

 

でもこれがアドセンスではなく、情報発信をするために作った動画であるのであれば、対応は変わります。

普通に考えれば、情報発信をするための動画だったとしても再生回数は伸びたほうがより多くの人に届けられるので再生回数が多いほうが良いのは間違いないのですが、仮に多くの人に動画を届けられたとしても、その動画が低評価だったり、アンチコメントばっかりだったらどうでしょうか。

いくらその動画の内容がいいものであったとしても初めて見る視聴者はうまく判断できないはずです。それなら多少再生回数が伸びなかったとしても非表示にしてしまった方が動画を見る人の印象はよくなるでしょう。

なので、情報発信をするために投稿した動画だった場合は非表示にしてもいい(もちろん、しないにこしたことはないけど)。

という感じで分けて使うようにするといいです。

 

以前までは、視聴者やYoutubeを欺いて稼ぐこともできましたが、最近ではYoutubeも成熟期に入り、規制が厳しくなっていますし、視聴者も目が肥えてきているので低評価が多くつくような動画では次はもう見てもらえません。

低評価やアンチコメントを入れたがる人っていうは一定数いるので0にするというのは難しいですが、限りなく0に近づけることは可能なので低評価を減らしながら高評価、いいコメントが貰えるためにはどうしたらいいのか、その部分を考えながらやっていきましょう。

そうすることで今後も安定して稼ぐことができるはずです。

 

それでは、また!

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ