広告

Youtubeで稼ぐならミッド&エンドロール広告を使っていこう

こんにちは、朝比奈です。

本日は、「ミッドロール広告とエンドロール広告」について書いていきます。

Youtubeで収益を出すためには再生回数とチャンネル登録者を増やしていくことが必要となりますが、以前までは動画を大量に投稿して稼ぐという方法ができました。

実際、僕も当時は1日7本ぐらいをひとつのチャンネルに投稿していましたが、現在はその方法はスパムと判断されてしまう可能性が高いためやっていません。

 

じゃあ、今はどういった方法で稼いでいるのか?

 

現在は、1日の投稿本数は2~3本あたりが最適だと考えているので大量投稿ではなく、1本辺りの収益を高めることを意識してYoutubeに取り組んでいます。

 

そこで大事になってくるのが「ミッドロール広告とエンドロール広告」です。

「ミッドロール広告とエンドロール広告」は、動画時間が10分以上の場合に設定できるもので通常はひとつの動画に広告はひとつしか設定できませんが、

動画時間が10分を超えると途中に挿入できるミッドロール広告と動画終了後に挿入できるエンドロール広告が使用できるようになります。

このふたつを使うと広告の表示頻度が増えるので収益増加の可能性が高くなるので使っていない人はおすすめです。

実際、僕もこれを使ってから収益が増えたのでやってみるといいでしょう。

 

ただ、その際に注意点があって、

「なにが何でもやればいい!」

ってわけではないんです。

 

当たり前の話ですが、動画のジャンルや内容によっては10分じゃ長すぎるものもあるのでそういった動画を無理矢理時間を伸ばしてやっても視聴者は離れていくだけなのでやめましょう。

実際、ミッドロールとエンドロール広告を入れたいがために無理矢理、動画時間を伸ばしてやっているチャンネルもありますが、視聴者が離れるだけなのでやめた方がいいです。

あと、収益を気にしすぎてミッドロール広告をこれでもかと入れている動画がありますが、あれもYoutube側からスパムと認定されてもおかしくないですし、

そもそも、視聴者からしたら動画の邪魔なのでやめましょう。

僕が好きで見ていたチャンネルもそれをやっていて、見る気が失せてて見なくなったことがあるので注意してください。

 

これはテレビとかで考えてもらうとわかりやすいと思いますが、

「CMばっかだとウザくてしょうがないですよね?」

Youtubeもメディアなのでその辺りはしっかり考えてやっていかないとダメです。

目安としては、ミッドロール広告は入れても2つまでだと覚えてもらえばいいのかなと思います。

 

ミッドロール広告とエンドロール広告はちゃんと使えば、収益が増えるケースが多いのであなたが持っているチャンネルや動画に入れても問題なさそうだったらぜひ入れてみてください。

現在持っているチャンネルでやると良くなさそうだったら動画時間が長めのジャンルを選んでチャンネルを立ち上げてみるのもいいと思いますよ。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

それでは、また!

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ