広告

Youtubeの広告収入単価を増やすには〇〇を意識すべし?

こんにちは、朝比奈です。

今回は、「Youtubeの広告収入単価」について書いていきます。

ブログをやっている方、もしくはやったことがある方であれば、グーグルアドセンスで広告単価が高いと言われているジャンルがあることをご存知の方だと思います。

 

一般的には、

・金融

・転職

・不動産

・美容

・英会話

などが広告単価の高いジャンルであると言われています。

 

実際に上記に挙げたジャンルで上位表示することができれば、広告単価が高いのでかなりの額が稼げるでしょうが、上記に挙げたジャンルは強いブログやサイトが多数あり、上位表示することはなかなか難しいのが現状です。

 

じゃあ、Youtubeはどうなのか?

 

上記に挙げたジャンルをYoutubeで検索をしてみるとわかりますが、これといったライバルチャンネルが見つからないので「穴場なのではないか?」と思う方もいると思いますが、これは需要がないから参入者がいないのであって、穴場ではありません。

どういうことかというと、ブログとYoutubeではそもそも視聴者が求めるものが違うので必ずしもイコールではないんですよね。

なので、Youtubeアドセンスで稼ぐのであれば、あまり広告単価が高いジャンルとかは気にせずに単純に再生回数が伸びそうな需要のあるジャンルを選ぶ方が稼げる可能性は高くなります。

広告単価についても僕らはコントロールできませんが、再生回数に関しては頑張り次第では増やすことは可能です。

Youtubeの場合、狙ったジャンル、キーワードで上位表示ができれば、広告単価が高い、低い関わらず、稼げますしね。

 

ちなみに、美容・英会話のジャンルに関しては有名Youtuberがいますし、再生回数などを見ても需要があるのは間違いなさそうなので参入する余地はありますが、中級者から上級者向けのジャンルなのである程度稼げるようになったら参入するといいでしょう。

あと、美容・英会話の以外のジャンルでもリストマーケティングを行なうなら稼げると思いますが、ハードルがかなり上がるのでこれも一定額稼げるようになってから取り組んで見るといいと思います。

 

最後になりますが、動画1本辺りの報酬額(広告収入)を増やしたいのであれば、以前も「Youtubeで稼ぐならミッド&エンドロール広告を使っていこう」で書いたように動画の時間を伸ばすといいです。

伸ばす必要のないジャンルの動画を伸ばすと離脱者が増えるのでかえって悪くなる可能性がありますが、動画の時間が伸びても問題のないジャンルであれば、伸ばすことでミッドロール広告が入れられるようになるので報酬額が伸びやすくなります。

1本辺りの報酬額を考えるのであれば、どうやったら動画を伸ばせるか、そして、それと同時にどうやったら離脱者が減るのか、を考えながらやっていくといいでしょう。

最初から動画時間が長めのジャンルを選んでなんてやり方も良いと思います。

実際、僕はチャンネルを立ち上げる際、そのジャンルが1本辺りの動画時間が伸ばしても問題ないものか、を考えてから立ち上げるようにしています。

 

以前のような量産で稼げなくなってきている以上はどれだけ離脱者を少なく動画を見させられるか、そして、なおかつどれだけ自分の動画、チャンネルに視聴者を滞在させるかが大事になってくるのではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、また!

 

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ