戦略戦術

文字だけ動画が収益無効化に!今後のYoutubeは〇+〇が必須です

こんにちは、朝比奈です。

https://news.livedoor.com/article/detail/16358177

先日、ライドドアニュースにこんな記事が出ていました。

その記事には、突然の収益無効化にYouTuberが悲鳴と書かれていて、文字だけ動画が収益無効化の対象になっていると書かれてました。

 

実際、YouTubeでは収益無効化になる現象が度々、起きています。

どういうチャンネルが対象になっているかというと、テキストスクロール動画や静止画動画、合成音声の動画などが対象になっています。

ちなみに、僕が運営しているあるチャンネルも動きのない動画だと判断されてしまい、一度収益が無効化になってしまうことがありました。

僕は対処方法を知っていたので現在は収益化できるようになりましたが、先ほど挙げたテキストスクロール動画とか合成音声の動画、静止動画だったら収益化は難しかっただろうと思います。

 

この記事を見ている方が気になるのは今後、どうしていけばいいのかだと思います。

なので、結論から言います。

結論から言うと、声を入れるようにしましょう。

声と言っても合成音声の声ではなく、人の声です。だから、あなたの声じゃなくても外注さんの声で大丈夫です。

現在、収益無効化になっているチャンネルの多くが、顔はもちろん声も出していないチャンネルです。

一部、声が入っているものもありますが、合成音声です。前は合成音声でも大丈夫でした。

ですが、現在はもう使うとアウトです。

なので、人の声を入れるべきですね。

 

ただ、勘違いしちゃいけないのが声だけではダメだってことです。

先ほど僕のチャンネルの話をしましたが、そのチャンネルは人の声を使って、運営していました。

でも、動画が動いていなかったので収益化が外されてしまったんです。

だから、声だけ出していれば、OKというわけではないんです。あくまでも最低条件として声を入れましょう、という話です。

 

じゃあ、声を入れるのはわかったとして、次にやるべきなのは何かというと身体の一部を映すことです。

本当は、顔を出してしまった方が話は早いです。早いんですが、中には「顔は出すのは嫌だ!」と思っている人も多いでしょう。

なので、顔出しをせずに身体の一部を映すようにしましょう。

 

身体の一部と言いましたが、映すのは首から下、もしくは手元を映すだけで良いんです。

それなら誰が撮影しているかはわからないので気にせずに動画を投稿できます。

ちなみに、僕の収益無効化になったチャンネルはどう修正したのかというと、動きがない動画だと判断されたので首から下を映すスタイルに変えて審査に出しました。

そしたら無事、収益化ができるようになりました。

 

僕がやった首から下を映すというのも一つの手ではあるんですけど、DIYなどのチャンネルなら手元を映すだけでも問題ありません。

その際は、人の声も入れるとさらに安定します。

長い目で見ると、手元を映すだけでは収益化できなくなる可能性もあるので声をプラスして入れておくといいでしょう。

 

2020年以降のYouTubeで収益化を目指すなら顔出しか、顔以外の部分を映すかが必要になります。

ですので、顔出しはできないって方は手元だけとか首から下を映す形を試してみてください。

昔みたいに「テキストで‥」とか「スライドショーで‥」なんてものはもう通用しません。

でも、いくらでもやれることはあります。

 

YouTubeに関する情報を発信している方の中には「もう顔出しじゃないと稼げないよ!」なんて言ってる人がいますが、そんなことはありません。

ちゃんと頭を使って、考えればいくらでもやれることはあります。それに顔を出せばなんでもOKってわけでもないですしね。

特に、最近はすぐに視聴者に飽きられてしまうYouTuberが増えてきているので、昔みたいにとりあえず、顔出せばOKという時代ではありません。

ASMRを見てもわかりますが、首から下しか映していないチャンネルなのに逆に興味を引いて、人気チャンネルになっているなんて例はたくさんあります。

ただ、収益化させるためにはオリジナリティのある動画を作らないと収益化ができなくなってきています。

なので、顔が出せない方は「声」+「身体の一部」を入れるようにしてみてください。

 

僕の場合は、ASMRで行っている動画の撮影方法を取り入れてみましたが、他にもたくさん良い方法はあると思います。

いろいろリサーチしながら「これ、取り入れたらいけるかも!」と思うものがあったらどんどん取り入れてみてください。

思っている以上に上手く行って、今以上に稼げるチャンネルが生まれるかもしれませんよ。

 

では。

 

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ