戦略戦術

Youtubeが子供の出演する動画のコメント欄を閉鎖した件について

先日、Youtubeの一部のチャンネルでコメント欄が閉鎖される事態が起きたのをご存知でしょうか。

どういうことかというと、世界中で子供の出演している動画のコメント欄が閉鎖されたんです。

その中には日本で人気Youtuberのチャンネルも含まれていて、ちょっとした騒ぎになっていました。

 

なぜ、このようなことが起きたのか?

騒動のきっかけは、海外の人気Youtuberが子供や未成年が出てくる動画のコメント欄や関連動画に本来、見るべきものではないものが含まれていると発言したことがきっかけです。

その発言がかなり話題になったようで、それを見た大手広告主がYoutubeから撤退すると宣言。

その対応策として、Youtubeが子どもが出てくる動画のコメント欄を閉鎖したり、アドセンスを剥奪したり、悪質なものはチャンネルを削除、動画もかなりの量を削除したようです。

 

現在は落ち着いて、一部を除いてはコメント欄が見れるようになっていますが、コメント欄が一時的に見れなくなったのでYoutube界隈ではかなり話題になりました。

これについて、人気Youtuberが抗議の動画を投稿していたので知っている方もいるのではないかと思いますが、Youtube側としてもYoutubeは広告ビジネスなわけですから大手広告主から撤退されるわけにはいかないのでしょうがないのかなと思います。

ただ、動画投稿者としてはコメント欄が閉鎖されるのってかなり困りますよね。

人気Youtuberであれば、微々たる影響かもしれませんが、普通のチャンネルなら影響は大きいはずです。

 

というのも、以前もこのブログで書きましたが、現在のYoutubeの使用ではコメント欄を閉鎖もしくは非表示にすると再生回数がかなり伸びにくくなります。

具体的に説明すると、関連動画に載りにくくなったり、おすすめのチャンネルに表示されにくくなったり、検索順位も落ちやすくなったりします。

だから、コメント欄を非表示にするのはなるべくしないほうが良いんですよね。

なので、多くのチャンネルはコメント欄を表示するようにしているのですが、それが今回のような件で閉鎖されてしまうと痛いわけです。

今後、子供向け動画についてYoutubeがどう対応するかはわかりませんが、なんらかの動きはあるでしょうから注視したほうが良いのではないかと思います。

 

しかし、先を読むのは本当に難しいですね。

以前は子供向けの動画をやっておけば、削除リスクも低く、稼げるなんて言われていたんです。

別に今回の件で動画やチャンネルが大量に削除されたというわけではないのですが、読みづらいないと思ってしまいます。

又、現時点では落ち着きつつありますが、今後、何らかの動きがあってもおかしくないですしね。

これはちょっと神経質すぎるかもしれませんが、子供向け動画をやっている方は変なコメントなどがあったら削除するなどしておいた方がいいかもしれませんね。

 

まあ、とはいえ僕らができることには限りがあるので以前から言っているようにリスクヘッジとして複数のチャンネルを運営するようにしましょう。

僕もYoutubeを始めてかれこれ6年近くやっていますが、これだけの期間をYoutubeでやってこれた一番の理由は複数のチャンネルを運営していたからです。

じゃなかったら僕はどこかのタイミングでYoutubeから撤退していたでしょう。

これはYoutubeに限った話ではないですが、ビジネスをする上で「1」という数字ほど怖いものはありません。

だから、1つのチャンネルに依存するような状態は避けてくださいね。

 

とりあえず、現在複数チャンネルの運営をしていない方は複数のチャンネルを運営するようにしましょう。

そして、常にYoutubeの情報をキャッチし続けてください。それが大事です。

 

最後に一つ書いておくと、複数のチャンネルをやる時は同じジャンルの横展開ではだめですからね。

そうじゃなくて、違うジャンルでやってくださいね。

じゃないと、ジャンルが消えるようなことになった時に全滅してしまうので複数チャンネルは複数のジャンルでやるようにしましょう。

その際はコミュニティガイドラインに違反する可能性の低いジャンルなのかもチェックしておくとベストです。

 

あとはアドセンスもいいですが、それ以外の稼ぎ方に移行することも考えてみてください。

まずはアドセンスでYoutubeで稼げる感覚を知るのは大事ですが、それがわかったらYoutubeで集客をして、自分の商品・サービスを売ったり、他の人の商品をアフィリエイトすることもできるのでチャレンジしてみるといいですよ。

それができると稼ぎの幅ももちろんですが、企業のコンサルティングなんかもできたりするのでアドセンスで終わることなく、どんどん色んなことに挑戦してみてください。

Youtubeは本当に可能性だらけですからね。

ぜひ、参考にしてくださいな。

 

では。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ