戦略戦術

ライバルチャンネルに確実に勝つ方法

こんにちは、朝比奈です。

本日は、「ライバルチャンネルに確実に勝つ方法」というテーマで書いていきます。

結論から言います。

結論から言うと、ライバルチャンネルに勝つ方法は、諦めないで続けることです。

これを言うと多くの人が「うーん」って顔をするんですが、結局これしかありません。

 

リサーチをしていて思ったんですが、どのチャンネルも諦めるのがめちゃくちゃ早いです。

それもちゃんと判断できているならいいんですけど、そうじゃないんですよね。

どう考えても判断が早すぎで「続けたら上手く行くのに!」ってチャンネルばかりです。

 

確かに、チャンネルが育つまでの期間は辛いです。

YouTubeだって、すぐには結果が出ません。

今だと、どんなに頑張っても3ケ月はこれといった結果は出ないでしょう。

でも、それはどのビジネスでも一緒です。

ブログだって、最低でも3か月は結果出ないですしね。

むしろ、3ケ月で結果が出るビジネスっておかしいですからね。

リアルビジネスじゃ3ヵ月なんて、なかなかない結果でないですから。

 

これはYouTubeに限った話ではないですが、ブログとかSNSなどの個人メディアって簡単だと思っている人が多いんですよね。

だから、ちょっとつまずいただけで諦めてしまう。

でも、ビジネスなんだからつまづきもせずに簡単に攻略できるなんてことはあり得ないんですよ。

 

今、働いている仕事も簡単ではないですよね?

毎日、大変な思いで働いてますよね?

それと一緒です。

 

先日、ある番組にオリエンタルラジオの中田さんが出ていました。

そこでYouTubeの話をしていたんですが、「YouTubeは稼げるけど、すごく大変だ」と話していました。

よくYouTuberが動画の舞台裏を動画にして紹介していますが、アレを見ても大変さがわかりますよね。

彼らの動画を見れば、どれだけ多くの時間と労力を費やしているかがわかると思います。

 

じゃあ、YouTuberじゃなくて、サラリーマンとして働いていた方が楽なのかというと、そんなこともないですよね。

結局、どれも大変なんですよ。

ただ、YouTubeの場合は頑張れば、リターンがあります。

でも、会社員として一生懸命頑張って働いたとしてもリターンありますかね?

ないですよね、あっても微々たるもの。

しかも、今後は減っていく可能性すらある。

そう考えると、YouTubeを諦めずに頑張るという選択は間違いじゃないんですよ。

 

結果を出せない人は、動画を50本投稿して反応がなければやめます。

結果を出す人はとりあえず、100本投稿してから判断します。

最初のジャンル選定がおかしくなければ、100本動画を投稿すれば、反応があります。

だから、とりあえず100本投稿しましょう。

 

で、動画100本投稿した時にチャンネル登録者が50人にも満たないのであれば、そのチャンネルは諦めたらいいです。

50人にも満たないのであれば、伸びる可能性は低いですからね。

その場合は違うジャンルに移って、チャンネルを立ち上げた方が上手く行く確率が高いです。

でも、50人を超えているのなら続けましょう。

続けていけば、チャンネルが伸びる可能性は十分ありますから。

 

結局、どの世界も続けている人が勝ちます。

これはビジネスもスポーツの世界も一緒です。

YouTubeも続けたもん勝ちなところがあるので簡単に諦めずにやりましょう。

ライバルチャンネルに確実に勝ちたいならまずは諦めないでやってみる。

これを大事にやってほしいなと思います。

 

やり方が悪いとか良いとかの前に簡単に諦めてしまうチャンネルが多いので書いてみました。

すぐ諦めてしまう癖がある方は何度も読んでみてください。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

 

では。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ