ブログ

令和はYouTubeを制する者がビジネスを制す!?

起業して10年になるのですが、10年間会社をやってみてわかったことがあります。

それは、トレンドを見極めて、いち早く波に乗ることがビジネスをする上で大事だということです。

 

ここ最近、都内を中心にタピオカブームがが起きていますよね。

だから、多くの企業がタピオカを売ろうとしています。

でも、タイミングとしてはもう遅いですよ。

やるならブームが生まれる前にやらないとビジネスとして、旨みはありません。

 

これは、何もタピオカに限った話ではありません。

どんなビジネスもそうです。

「流行っている」とか「稼げるらしい」なんて言われている頃にはピークを過ぎています。

やるならトレンドを見極めて、いち早く波に乗ることが大事なんです。

 

YouTubeも「YouTuber」という言葉が生まれたぐらいなので多くの人が知っています。

おそらく、日本国民であれば、YouTubeの存在を知っているはずです。

ということは、今からヒカキンさんやはじめしゃちょーを目指しても遅いんです。

 

ただ、これはYouTube全体で考えると話は変わってきます。

むしろ、これから本格的にYouTubeの時代が訪れます。

正確に言うと、動画ビジネスの時代が訪れます。

 

なぜ、動画ビジネスの時代が訪れると言えるのか?

それは、2020年春に「5G」が商用化されるからです。

 

5Gとは、第5世代移動通信システムのことです。

5Gになるとどうなるのか?

5Gになると通信コストが下がって、どこでも動画が見れるようになります。

そうなれば、今以上に多くの人が動画に触れるようになります。

 

2020年以降は、間違いなく動画を活用できるかが鍵になります。

現在、数多くの動画メディアがありますが、その中で圧倒的な利用率、ユーザー数を抱えているのがYouTubeです。

YouTube以外にも伸びそうな動画メディアはありますが、YouTubeを超える動画メディアは現れないでしょう。

ということは、YouTubeを上手く活用できるかが今後、大事になってくるんです。

 

さっき、ヒカキンさんやはじめしゃちょーのようなYouTuberを目指すのは遅いと言いました。

でも、今までの話を聞いたら「全然イケるじゃん!」と思いますよね。

だって、需要があるんだから。

そうなんです、イケるんです。

ただ、それはヒカキンさんやはじめしゃちょーみたいなやり方ではありません。

正確に言うと、それでも問題はないです。

でも、今からやっても彼らみたいな活躍はできないということです。

 

どういうことか、説明します。

僕が「もう遅い」と言ったのはヒカキンさんのようなタレント化したYouTuberのことです。

タレント化したYouTuberの共通点は、アドセンスで稼いでいることです。

アドセンスで稼ぐ場合、必然的に多くのアクセスを稼ぐ必要があるのですが、そうなると自然とジャンルが限られます。

限られたジャンルに新規参入者が殺到するので自然と競争は激しくなります。

YouTubeの仕組み上、競争が激しくなったからといって稼げなくなるというわけではありません。

数万円から数十万円程度なら全然、狙えます。

ただ、今からヒカキンさんのようなチャンネル登録者や収益を目指すのは難しいと言っているのです。

 

じゃあ、これからYouTubeに取り組むとしたら何をすべきなのか?

それは、YouTubeを集客媒体として利用として、自分の商品やサービスを売ることです。

 

さっきも言いましたが、YouTubeには毎日、たくさんの人が訪れます。

そして、今後はさらに訪れるようになります。

その中で広告収入を得ようとするのも悪くはないです。

悪くはないですけど、それだと勿体ない。

なぜなら、YouTubeの本当の旨味はYouTubeを集客媒体として利用することだからです。

 

ブログも登場してから長いことありますが、いまだにアドセンスブログは稼げます。

僕もやっていますが、確かに稼げます。

稼げますが、たかが知れているんですよね。

本気で稼ごうと思ったらブログで集客して、自分の商品やサービスを売るのが一番です。

YouTubeもそれと一緒です。

 

YouTubeを集客媒体として利用して商品を売ることが出来れば、5年後も安定してYouTubeで稼げます。

でも、そうじゃなくて、アドセンスオンリーでやっていくのだとしたら高い確率で稼げなくなります。

それはブログの業界を見ていればわかることです。

だから、今、YouTubeに挑戦している人は少しずつでいいので軸足を集客の方に移していくといいです。

 

まだまだ、YouTubeを集客媒体として利用している人は多くありません。

でも、ものすごい可能性を秘めています。

YouTubeを集客媒体として、利用するのは簡単ではないです。

簡単ではないですけど、自分でビジネスをするならいつかはやることなので逃げずに挑戦してみてください。

そうすれば、今以上にやれることの幅が広がり、面白くなりますよ。

 

では。

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ