動画作成

Youtube動画でお金を稼ぐには画質にこだわろう!

僕がYoutubeをはじめたのは2013年頃でその頃から現在に至るまでYoutubeを見ない日があったか?っていうくらいYoutubeを見ているのですが、最近よく思うのがどのチャンネルも画質(映像)がきれいだなーって思います。

昔のYoutubeを知っている方ならご存知だと思いますが、2013年頃は「これ、動画っていうのか?」というようなものばかりUPされていて、ほんとロクな動画がありませんでした(笑)

それが今では、ものすごいクオリティの動画が数多く投稿されていて、それを無料で視聴者は見れる。改めて、いい時代だな、と思います。

 

一方で投稿者、Youtubeに動画を投稿する者にとっては厳しい、ごまかしの利かない時代になってきました。

以前は、テキスト動画が主流だったので画質の部分(フリー素材の画像背景にコピペもしくはリライトした記事を流すだけだった)は意識しなくてもキーワード選定と動画量産をすれば、一定の成果をあげることができましたが、最近ではテキスト動画ではなく、オリジナルの撮影系動画が主流になってきていることでどうしても画質の部分が見られ、求められます。

実際、最近のYoutubeでは昔からやっているチャンネル登録者数の多いYoutubeチャンネルが投稿した1本の動画再生回数より、最近はじめたばかりのチャンネル登録者の少ないYoutubeチャンネルが投稿した1本の動画再生回数に負けるなんてことが起きているのですが、あれも画質の違いが大きいのではないかと僕は考えています。

 

というのも、昔からやっているチャンネルの中にはビジネス目的ではなく、趣味でやっているであろう方も多く、「画質がどうだ」とか「キーワードは…」なんてものは考えずににやっているものが多いのですが、

そのジャンルや市場が一定数の再生回数が望める稼げるジャンルであることがわかると多くの参入者が増え、参入者の中には上級者(一定金額を稼いでいる人)がビジネス目的でやってくるので「画質」とか「キーワード」とか「サムネイル」とかにお金や時間をかけてやります。

そうすると、さっき言ったようなチャンネル登録者が多いチャンネルがチャンネル登録者の少ないチャンネルに負けるなんていう状況が起きるわけです。

 

ここまで読めばわかるとおもいますが、今後もYoutubeで稼ぎ続けていくためには画質(正確に言うと撮影方法)にこだわる必要があります。

ただ、Youtubeで現在進行形で稼いでいる人、もしくは稼いだことがある人じゃないと高い機材は買えないですよね(ほんとは早い段階で買ってやったほうがいいんですけど)。

買えないって方は、まずはスマホで撮影しましょう。

その際にはスマホでうまく撮るコツなんかをいろいろネットで調べてみてください。いろいろ記事がでてくるのでそれを見ってやれば、だいぶ動画の印象は変わります。

それである程度の成果がでたら最初は安いものでいいのでライトとかカメラとか買ってやってみましょう。お金をかければかけるほど、成果がでることがわかるはずです。

 

めんどくさがりな人は最初から外注に依頼してみてもいいかもしれませんね。

「〇〇みたいな動画作れる人いませんか?」とか「〇〇の機材持っている人、仕事しませんか?」みたいな感じで。

外注費は高くなると思いますが、すぐ回収できるのでやる価値はあります。

 

以前もこのブログで書きましたが、変にケチってダラダラやっている人より「必ず回収する!」と割り切って投資してやる人では当たり前ですが、成果のスピードが違います。

特に最近のYoutubeは収益化の条件を通るまでのハードルは上がりましたが、一度収益化ができると安定して稼ぐことができますし、稼ぎの額も青天井なので恐れずにやってほしいなと思います。投資するだけの価値はあるので。

 

色々書いてきましたが、とりあえずこの記事で言いたかったのは「画質にこだわろう!」ってことです。

今はまだしょぼしょぼの動画ばかりなので画質がきれいっていうだけで視聴者から選ばれるので今のうちに画質を見直し、ガンガン稼いでいきましょう。

 

ではでは

 

 

▼無料プレゼントキャンペーンはこちらから▼

こんな記事もおすすめ